みなちゃんママから【院内保育編】

たんぽぽ助産院で出産されたみなちゃんママより体験談と写真をよせていただきました。

院内保育を利用して

たんぽぽ助産院で3人目を出産しました。上の子がいる中で産前産後、安心して健診や入院生活を過ごせた理由のひとつに院内保育が挙げられます。

保育士さんはいつも明るく優しく丁寧に接してくれて、子どもたちも保育室が大好きなのがよくわかりました。
産後の入院中は家庭の諸事情で院内保育の託児に子どもたちを預けることに決めていたので、
あらかじめ子どもたちの特性やいつもの生活実態を把握してくれました。
2歳になる息子は少し発達に遅れがあります。環境の変化にうまく対応するのが難しく、いつも一緒にいる母と短時間ではありますが、離れて過ごすことが出来るのか心配でした。しかし、
その心配は全く必要なく、朝、入院中のお部屋まで保育士さんが迎えに来てくれるのですが、
お迎えの時間を心待ちにしている息子をみると物凄く安心しました。
迎えに来てくれて、照れてなかなか行こうとしない息子を私はついつい早く行くよう促してしまいますが、
保育士さんは決して無理矢理連れて行こうとはせずに息子の様子をよく見てくれました。
託児後は毎日、保育室での様子を丁寧に教えてくれたので、言葉の話せない息子の様子を知ることができ、
親としてはとても安心しました。
最終日の託児後には保育士さんが私のお部屋まで来てくれて、2週間の入院中の息子の成長を話してくれました。
発達の遅れにひとりで不安になっていた私の心うちにも気づいてくれて、私の気持ちを吐露できる時間まで作ってくれたのが本当にありがたかったです。

保育士さんのおかげで心配だった入院生活は安心して過ごすことができ、さらに育児の悩みを明るい方向に導いてくれました。

本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP